Skip to main content
未分類
SHARE
クリックしてシェア
クリックしてツイート

企業理念と社名に込めた思い

はじめまして。
株式会社ブリーチの代表をしております大平(オオダイラ)と申します。

本日は、
弊社ブリーチの企業理念と社名に込めた思いをお伝えします。

うちの企業理念は

「世界を照らす存在となる」

この企業理念はどういうことを意味するかと言いますと、
商売を通して日本だけでなく「世界」を「輝くメンバー」で貢献したい。

という私達が目指す理想の会社像が理念として表現されてます。

「照らす存在」とした理由は、
元々が18歳の頃に経営者の本をたくさん読んでいまして、
・周り(特に近い存在)に貢献したいという強い思いと
・従業員が輝いてないと俺は嫌だなという思い
両方が起業したら作りたい会社像としてあったからです。

その理念のキッカケとなった本が19歳の大学浪人時代に読んだ本でありまして、
今では企業組織論で有名な永松 茂久さんの第一書「もっと近くで笑顔が見たい」でした。

うろ覚えですが、
たこ焼き屋(たこ焼きと言っても4・50席くらいある?レストラン)の、
オーナー永松さんの話でそこで従業員が楽しそうに個性を爆発させて働きながら、
お客さんを超感動させている話だったと思います。

これまた、うろ覚えですが具体的には、
トランペットが得意な従業員がお客さんのバースデーで、
トランペット吹いて御祝いして、
別の従業員はうさぎか何かの着ぐるみ着たり、
みんな従業員が楽しそうに働いて、
結果、お客さんに涙ぼろぼろの感動をさせている話でした。

当時の18歳の私からすると、
楽しく仕事して人喜ばせてお金貰えるんだ!!衝撃!!!(笑)

楽しそうに仕事する様子が本から読み取れ、
従業員輝いてるなぁ、
そして結果、お客様が喜んでる。

いいなぁその会社!みたいな(笑)

その本を読んだ日は、
浪人時代の代々木ゼミナールの4畳くらいの狭い寮で
深夜1時くらいだったかな、
なぜか興奮して寝れなかった記憶があります。

ただ、従業員が楽しく輝いて仕事するには、
それまでに様々な困難や衝突を乗り越えてきた話が、
その本か別の本で永松 茂久さん自身が説明してのですが、
当時の18歳の私にはその輝くためにやった会社作り、
仕組み作り、従業員と経営者側の成長が抜けて、
「結果」ばかりが頭に入っていたと思います。

話は少し変わってしまいますが、
起業して大人になってから常々

スタ-バックスの従業員とドトールの従業員はなぜあんなに違うのだろうか?
六本木のリッツカールトンと他のホテル従業員はなぜあんなに違うのだろうか?
アップルストアの店員は聞いてもいないのにどんどん商品の魅力を語ってくるんだろ?

といつも疑問に思っていました。

感覚として分かると思いますが、
スタバの従業員だとハキハキして顔にツヤさがあり、
自分の仕事に誇りを持っている感、仕事してる感を、
お客側からも感じれます。

私の家の近くにドトールありますが・・・・・
同じコーヒーという物を売ってながら、不思議じゃないですか?

俺は断然、従業員が輝いて商売している会社を目指してます。

自己犠牲の奉仕(商売)ではなく、
自分達が輝きながら奉仕(商売)をおこなっている。
その様子が「照らす」という表現になりました。
照らすためには輝かないといけない。
すごく抽象的ですよね輝く従業員って、
輝く従業員って具体的にどんな従業員なのでしょうか。
それは、

表面的な笑顔でなく、その仕事に誇りを持てていること。
従業員が会社のなかで自己重要感が満たされていること。だと今、思ってます。
この話で、ブリーチが掲げる企業理念
「世界を照らす存在となる」
この抽象的な言葉がスタバや永松 さんのレストランの事例と共に
なんとなくでも理解してくれたら嬉しいです。

理念の解釈ですが、今の現状でベストな答えは
「商売を誇りと充実感ある従業員が成り立たせている会社」を目指しましょう
と解釈してOKです。

他にもいろんな理念候補はありましたが、
「世界を照らす」これにした理由は、
21世紀の日本の時代背景にあってると思ったからです。

21世紀は物が溢れて、生活水準が高まり、
仕事しなくて食いパクれはしない時代。

食うための仕事よりも、
仕事していて充実している楽しいを世の中の人が、
選択しつつある時代ではないでしょうか。

次は、社名のブリーチbleach の由来です。

理念から逆算して社名決めの時に

「照らす」「輝く」で言葉を探し、シャインなんちゃかとか
いろいろ組み合わせました。

本の名前を忘れてしまいましたが、
覚えられる企業名、ブランド名の法則?的な本を読みまして、

ソフトバンク
ホンダ
セブンイレブン
ドコモ
マツダ
ヤマダ電気

のように濁点が多いですよって聞いたんです。
濁点無くても有名ブランドや企業はあるから、
つじつま合わせてるだけだろって思いましたが(笑)

結局、濁点にこだわってしまい、

いまいち納得する社名がでなく困ったなーと、
悩んでるときに当時私がノリというやつで、
金髪だったんですよね。

おれ、金髪?あ!ブリーチって濁点だし響きはいいな!
bleachって言葉って意味に「照らす」とか「輝く」
ってないの?って思って調べると、
語源に「輝くこと、ぴかっと光ること、白や他の明るい色の輝きを表す」
という意味があります。と!やった!(笑)

ただ、検索ワードで「ブリーチ」は漫画が出てきてて、
うわー検索上位表示できないじゃんと一瞬思いましたが、
私の会社は私が死んだあとも継続させて、
最低100年以上は続ける企業体を創りたい。
漫画ブリーチがアニメ化されてもせいぜい長くて30年くらいしか持たないと思うから、(大変失礼)
うちのブリーチの方が「ブリーチ」単一キーワードで1位の上位表示できる日は来るなと。

なのでブリーチに社名が決まりました。
目指す会社像をお伝えしましたが、
今のブリーチは理想に向け1歩1歩前進している最中です。

輝く社員が商売を通じて世の中に貢献する偉大な会社を一緒に創りませんか?

blogmaster

ブログマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です