社員インタビュー

「共感の接点」をデザインする力が、
新たな流行を生み出す。

渡邉 緑
マーケティングクリエイター職

多摩美術大学を卒業後、イラストレーター・アシスタントとして、2012年にBLEACHにジョイン。その後は、クリエイティブ制作、デジタルマーケティングの運用業務なども担当し、社長の大平と二人三脚で会社の成長に寄与してきた。現在は、クリエイター組織のマネジメントや採用業務を中心に手掛け、現在の会社の実質的な創業期をリードしている。

BLEACHへの入社理由
この5年間を、社長とともに歩んできた
私がBLEACHにジョインして5年になります。社長以外では、最も社歴が長い社員です。アルバイトとして入社後、色々な経験を重ねてきました。会社の成長に伴い、新しい仕事をどんどん任せてくれて、それが楽しくてずっとこの会社にいます。ベンチャー企業ですから、業績が良いときもあれば、そうでないときもある。ピンチになったときは、不思議と「なんとかしてやろう!」と大きな力が湧いてきて、すぐに復活させてきました。鍛えられましたし、その経験が自信につながっています。これまで社長と二人三脚でやってきて、いまの実質的な創業期を迎えることができて、正直、感慨深いものはありますね。
BLEACHでの仕事のやりがい
商品とユーザーの共感の接点をつくる仕事
ここ1~2年で、BLEACHは急成長期に入りました。成果報酬型広告モデルで、ヒット商品が生まれるようになると、クライアント企業のからの依頼も増え、売上が急拡大しています。それに伴い、社内のメンバーも増えています。「自分たちがやってきたことが正しかった」と思えるのは幸せですね。いま、私は、クリエイターチームのマネジャー職を務めています。元求人広告の営業職や元アパレル販売職のメンバーとともに、マーケティングに活用する記事制作とそのノウハウの体系化を進めています。この仕事は、言わば、商品とユーザーとの「共感の接点」をデザインする仕事です。ユーザーの気持ちをいかにリアルに想像できるかが勝負で、2~3倍の成約数の差となって返ってきます。ですから、メンバーには、ネットでの情報収集だけではなく、友人と会ったり、街に出てお店の棚を見たりして、自分の肌で感じることを勧めています。
今後のビジョン
BLEACHから新しいトレンドを次々と生み出したい
クリエイターの活躍の場を広げていきたいです。共感の接点をデザインする力は、既存の統合型デジタルマーケティング事業だけではなく、メディア事業や自社EC事業や海外展開においても、必要不可欠となるはず。通常の広告のクリエイターとは違い、「買う」という行動にまで結びつけられるスキルには、無限の可能性が秘められています。マネジャーとしては、その可能性を最大化させるために、多くの舞台を用意していきたいです。きっとBLEACHから、新しいトレンドが次々と生まれてくると思います。

他の社員を見る

水谷 慶
グロースハッカー職

伊藤 あさみ
グロースハッカー職

柴田 智之
プロモーションプランナー職