サービス

対前年比300%の成長。
新しいビジネスモデル
「シェアリング型統合マーケティング事業」を展開。

私たちBLEACHは、2010年4月に設立され、様々な事業を行ってきました。2016年、DtoC(Direct to Consumer:消費者に商品を直接届けるモデル)領域に特化した「シェアリング型統合マーケティング事業」を始め、業績が急速に拡大。シェアリング型統合マーケティング事業は、2つの点で従来のインターネット広告事業とは明確に異なります。
1点目は、先行して広告配信し、リスクを取ってマーケティング活動を行うこと。通常、広告代理店は、お客様からの広告出稿のみを受注する立場ですが、私たちはお客様と同じ立場で、商品のマーケティングの全てを担えます。この一連のストーリーづくりに強みがありますので、無名の商品でも、市場に求められているものであれば、多くの購買者を獲得することができます。2点目は、「シェアリング型」の名の通り、お客様と商品の売上をシェアすることで、Feeをいただくこと。BLEACHには、「広告費」という概念は存在しません。お客様と同じゴールを目標に邁進することができるのです。
この事業を始めた翌2017年には、対前年比300%以上の急成長を遂げました。お客様の商材から、BLEACHのマーケティング施策を通じて、ヒット商品が多数生まれたことがその要因です。私たちの役割を「ヒットの請負人」と理解していただいても構いません。
そして、今後の会社としての戦略なのですが、まずは、この「シェアリング型統合マーケティング事業」で、日本一を目指しています。そして、BLEACHはさらなる進化も視野に入れています。この成長の過程で培われた「マーケティング力」「人材」「資金」。これらを新しい事業や海外展開に投資をするのが、現在のBLEACHの戦略です。すでに自社の強みを活かした、様々な新規事業を検討・開発中。「商売を大きく。 日本から世界へ、冒険的な成長を」をビジョンに、過去の常識を覆すサービスを提供していきます。

初期費用ゼロ。リスクゼロ。
3つの独自の強みを活かして
商品をヒットへと導く。

通常の広告代理店のビジネスモデルでは、お客様は広告メニューに合わせて広告費を先払いします。広告代理店の業務は、その広告費の中での広告出稿と限られた運用業務が中心で、打てる施策も限定されることが多いです。一方、BLEACHが手掛けるシェアリング型統合デジタルマーケティングでは、初期費用はゼロで、お客様の商品のマーケティング活動を一手に担います。広告出稿の裁量とリスクをBLEACHが背負うことで、ノーリスクでより革新的なマーケティング施策を実行することが可能です。売上を最大化させるために、お客様の商品の企画開発を共同で行うこともあります。
また、BLEACHには、以下の3つの強みがあります。
  • デジタルマーケティング力
    数十億円に及ぶマーケティング予算を自社リスクで運用。
    その経験の蓄積の中で培ってきた、独自のノウハウとスキル。
  • セールスライティング力
    独自の技術で潜在層消費者に向けて、購入までを完遂するライティング力。
  • トレンドクリエイティブ力
    数々のヒット商品を世に送り出すことにより、流行自体を創り出せるスキル。
これらの強みを駆使して、「潜在的ニーズの掘り起こし」や「定期購買ユーザーの獲得」、「通常の広告代理店の数倍にのぼるユーザーの獲得」といった成果を生み出してきました。口コミと紹介のみで評判が拡がり、結果として、多くのお客様の事業拡大に寄与し、BLEACHは一気に成長したのです。